効果なし?山本漢方の桑の葉茶を飲んだ口コミと飲み方を解説

 

山本漢方の桑の葉茶

 

甘いものが好きで、つい食べすぎてしまう癖があります。最近は特に甘いものを食べる機会が多かったので、お腹周りの脂肪が増えていくのが気になっていました。

 

今回、山本漢方の桑の葉茶を購入したきっかけは、桑の葉にはコレステロールや中性脂肪を抑制する働きや、血糖値の抑制や便秘の改善に効果があると知ったからです。

 

以前、知人に薦められて桑の葉の青汁を飲んでいた時期がありましたが、毎日飲み続けることに義務感を感じてしまい、続けられませんでした。

 

桑の葉をお茶にすれば、食事中や喉が乾いたときなど、いつでも気軽に飲めるので、自然と生活の中に取り入れることができると思いました。

 

山本漢方の桑の葉茶が届いた!

 

山本漢方の桑の葉茶

 

山本漢方の桑の葉茶を山本漢方のオンラインショップで注文後、1週間以内で到着しました。

 

山本漢方の桑の葉茶

 

山本漢方の桑の葉茶

 

現品と一緒に、お茶2種と大麦若葉青汁のサンプルが付いていました。さらにパッケージを開けると、商品カタログと大麦若葉青汁のサンプルがもう1点入っていました。

 

山本漢方の他の製品も試してみたくなる、嬉しいサービスですね。

 

山本漢方の桑の葉茶

 

内容量は3gのティーパックが20包入りで、正方形のやや小さめのパックはタンブラーなどの細長い容器にも入れやすいサイズ感です。

 

山本漢方の桑の葉茶

 

煮出し、アイス、他のお茶とのブレンドとお好みの飲み方を楽しめます。

 

山本漢方の桑の葉茶を煮出す

 

山本漢方の桑の葉茶

 

1パックで200〜400ccのお茶を煮出すことができます。マグカップ約1杯分の分量、200ccから作れるので、一人でも手軽に飲むことができます。

 

外箱の作り方紹介には、「とろ火で約5分」と記載されています。自宅はIHコンロなので、火力「弱」で煮出しました。

 

山本漢方の桑の葉茶

 

山本漢方の桑の葉茶

 

4分程経過すると、段々とお茶の色が出始めてきました。

 

約5分後に、しっかりとした濃さのお茶が完成しました!

 

桑の葉独特の青い草の匂いが、柔らかく漂っています。

 

山本漢方の桑の葉茶

 

山本漢方の桑の葉茶を飲んでみた

 

山本漢方の桑の葉茶

 

煮出して間もないお茶を、温かいうちに飲んでみました。

 

ほのかな甘味も感じられ、口当たりも柔らかく、さっぱりとした後味で飲みやすく感じました。苦味や酸味もなく、普段の食事などにも取り入れやすい風味です。

 

飲み始めは桑の葉の匂いが気になりますが、食事の邪魔になるほどきつく香るものではないので、徐々に慣れてきます。

 

山本漢方の桑の葉茶を冷やしてみた

 

山本漢方の桑の葉茶

 

山本漢方の桑の葉茶は、アイスで作ってホットとの風味の違いを楽しむことができます。

 

今回は400cc分、500cc容量のウォーターボトルで作りました。冷蔵庫で約1時間程冷やすと、程よい冷たさに仕上がりました。

 

山本漢方の桑の葉茶

 

山本漢方の桑の葉茶

 

お茶の色は、ホットよりも少し薄まっているように感じました。

 

冷えて時間が経つことで、少し苦味が感じられ、よりさっぱりとした風味へと変化しています。

 

ホットに比べて、アイスにすると桑の葉の匂いが強く出るようになり、飲みにくさを感じるかもしれません。

 

山本漢方の桑の葉茶

 

山本漢方の桑の葉茶の感想

 

一人分の分量でも作ることができるので、たくさん作って飲みきれなくなるという心配はありません。

 

作りたい量を調整することができます。

 

煮出しだと味と香りが柔らかく、少し甘みがあるので桑の葉茶を初めて飲む方におすすめです。

 

和菓子・洋菓子問わず甘い物や、和食系との相性が良く、後味を良くしてくれる感じでした。

 

アイスは口当たりが良く気軽に飲めますが、ホットよりも桑の葉独特の香りが強く、少し苦味を感じることもあり、好き嫌いが分かれる味かもしれません。

 

苦味のあるお茶が好みの方には、おいしく楽しめる風味ともいえます。

 

油分の多い肉料理や、味付けの濃い食べ物との相性が良く、後味をさっぱりとさせてくれます。

 

山本漢方の桑の葉茶のダイエット効果は?

 

山本漢方の桑の葉茶を1週間飲み続けて、体重に変化があるかを記録しました。

 

1日目は51,9kgで、2日目以降は変化がありませんでしたが、6日、7日後には51,5kgと僅かながら体重が落ちていました。

 

劇的な体重減はありませんでしたが、ゆるく体重をキープすることができました。

 

山本漢方の桑の葉茶を続けて飲むことで便通が良くなったので、その効果かもしれません。

 

血糖値などはどのような変化があるのかわかりませんが、続けて飲むことで効果が出ることを期待していきます。

 

まとめ

 

山本漢方の桑の葉茶のメリットは、

 

  • 安心の日本産であること。
  • 比較的安価なので、リピートしやすい。
  • ホット・アイスと好みの飲み方が選べる。
  • ティーパックが小さめなので作る量を調整しやすい。
  • 青汁タイプよりも青臭さがさほど気にならない。

 

ことです。

 

デメリットは、飲み始めは独特の青臭さが気になることはある。

 

アイスの場合は苦味と匂いが少し強くでることもあり、好みが分かれることです。

 

山本漢方の桑の葉茶血糖値を抑制させる機能があることで有名で、生活習慣病対策に手軽に取り入れることができます。

 

血液をサラサラにして、高血圧を改善させる効果や、肝機能の改善や肝臓ガンの抑制もできるといわれているので、脂分の多い食べ物やお酒をよく飲む方におすすめです。

 

年末年始の宴会が増えるシーズンにも、山本漢方の桑の葉茶を飲む習慣を付けていきたいですね。